【即現金化!】i-Marketはどんなサイト?メリット・デメリットなどをご紹介します!

現在、iPhoneなど携帯電話の買い取りを行っているお店は数多くあります。中には、家に居ながらにして、買い取りを行ってくれるような無料集荷サービスを行っているお店もあります。

ただ、配送に時間がかかるため、家に居ながらすぐに買い取りを行って、その日のうちに買い取り金額を受け取れるというサービスはほとんどないと言っていいでしょう。

そんなサービスを実現しているのが、iPhone専門買取サイトのi-Marketです。こちらでは、i-Marketの特徴や使い方、評判や口コミなどを詳しくご紹介します。

・i-Marketとは?
・i-Marketの特徴
・i-Marketの使い方
・i-Marketの使い方は?どんな手順が必要?
・i-Markteの料金はいくら?手数料や査定の料金は?
・i-Marketは怪しい?調べてみました
・i-Marketのサービスはフォトキャッシュ以外にはあるの?
・i-Marketのサービスはフォトキャッシュ以外にはあるの?
・i-Marketは失敗?悪評はある?
・i-Market のサービス「フォトキャッシュ」とは?
・i-Marketのメリット
・i-Marketの運営会社はどこ?

先日、新たに新機種でiPhone13・iPhone13proの発売が発表されましたが、今持っているiPhoneをお得に売却して、iPhone13・iPhone13proに切り替えたいという方多いと思います。

こちらではi-Marketについて、徹底的に調べていますので、iPhoneの売却を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

i-Marketとは?

i-Marketはシンプルに説明しますと、iPhoneの買い取りの業者です。携帯にiPhoneを使っているという方は多いのではないでしょうか。iPhoneを買い取ってくれる業者は中古ショップなどを中心に数多くあります。

i-Marketの最大かつ、他にはない特徴としては、家に居ながら最短15分で買い取りを行ってくれるということです。

iPhoneの買い取りを家に居ながら最短時間で行ってくれるのが、i-Marketです。

i-Marketの特徴

iPhoneの買い取りを行っている業者は数多いですが、以下のような特徴を持ちます。

・自宅に居ながらその場で写真を送るだけで買い取りが可能
・査定料・手数料無料
・専門の査定員が常駐
・即買い取り、現金払い

査定料・手数料が無料という点については、他の項目で詳しくお伝えします。

専門の査定員が常駐しているというのも、i-Marketの特徴の一つではないでしょうか。i-Marketでは、マーケット調査を行い、品物価値の最新情報を得ているそうです。専門店でも、品物に対して適切な価値を知っている査定員が常にいるという業者は珍しいと思います。適切な査定をしてもらえるというのは、大きな特徴と言えます。

つぎに即買い取り、現金払いというのも他にはなかなかない特徴です。i-Marketには、フォトキャッシュと呼ばれる家で写真を送る方法のほかに、郵送買い取りもあります。そのどちらの方法を使っても契約が成立すればすぐに現金をもらえるという点が大きな魅力です。

i-Marketには、他にはない上記のような特徴があります。

i-Marketの使い方は?どんな手順が必要?

i-Marketのフォトキャッシュの利用方法は簡単です。下記の3ステップを行うだけです。

①売りたいiPhoneの写真を送る
②写真で査定、買い取り、現金化が行われるのを待つ
③7日以内に写真のiPhoneを送る

非常に簡単なステップです。しかも2は業者の行うことですので、実際に売る人が行うのは写真を撮って後日iPhoneを送るだけです。お金はその場ですぐもらうことが出来ますが、売る側の余計な手間はかからないという点が魅力だと言えます。

i-Marketの評判や口コミはある?

i-Marketの評判や口コミをネット上で探してみました。しかし、新しい会社だからか、現時点では、口コミを見つけることはできませんでした。

i-Marketの口コミはこれから増えていくのではないかと予想されます。

i-Marketの料金はいくら?手数料や査定の料金は?

i-Marketの料金についても調べてみました。公式サイトには、査定料・手数料無料と書かれています。相場は無料で査定してくれるようです。

また、ホームページには「i-Marketは日本をはじめ、海外でも独自の販売ルートを確立しているところに強みがあります。当社独自の買い取り相場は少しでもお客様に還元する事が出来る様、設定しております。」と書かれています。

i-Marketは査定料・手数料は無料で、買い取り金額にも自信がある業者のようです。

i-Marketは怪しい?調べてみました

i-Marketが怪しいかどうかということについても調べてみました。i-Marketのホームページには、「サービスは顧問弁護士監修のもと適切に運用されております。」と書かれています。

弁護士がついていて、サービスを監修しているということはかなり安心できる材料と言えるのではないでしょうか。

i-Marketのサービスはフォトキャッシュ以外にはあるの?

i-Marketでは、写真を使って買い取りを行うフォトキャッシュの他にも、郵送買い取りや店頭買い取りも行っているそうです。

この項目では、この2つの方法について詳しくご紹介します。

郵送買い取り

郵送買い取りは、商品とともに買い取りレシートを記入し、記載の住所まで送る方法です。買い取りシートはホームページでダウンロードできますので、そちらを使ってください。

発送の送料は顧客負担(元払い)で、レターパックや宅急便などの追跡ができる発送方法を使用する必要があるそうです。

郵送買い取りには、発送の料金がかかるという点、買い取りシートを印刷、記載し送る手間がかかるという点、商品がi-Marketに届いてから査定が行われるので、査定までに時間がかかってしまうという点という3つのデメリットがあります。

そのため、できるだけ早く買い取りをしてほしい場合や、できるだけお金や手間をかけずに買い取りをしてほしい場合は適さない方法だと言えます。

ただし、写真を送付することが出来ない場合や、実際に商品をみてから査定を行ってほしい場合には、適した方法であると言えます。

店頭買い取り

店頭買い取りは、i-Marketの点灯で買い取りを行うという方法です。この方法を利用する場合には、来店予約が必要です。具体的には、公式ホームページ内にあるLINEの友達追加をして、来店予約を取る必要があります。

店舗での買い取りは、郵送買い取りと同じく実際の商品を見てもらい買い取りしてもらえるというメリットがあります。また、i-Marketまで出向く必要と予約をとる必要がありますが、郵送買い取りのように送料がかからないというメリットがあります。

i-Marketの側に住んでいるなど、実際に店舗で買い取りを行ってほしい場合には、店頭買い取りが便利であると言えます。

i-MarketではどんなiPhoneをいくらくらいで買い取ってくれるの?

iPhoneの買い取りサービスで一番気になるのは、いくらくらいで買い取ってくれるのかということではないでしょうか。i-Marketの公式サイトによると、新サービス開始につき、下記の商品を強化買い取り中とのことです。

・iPhone12は30,000円~

・iPhone11は、25,000円~

・iPhone11Proは27,000円~

iPhoneの買い取りは、状態によっても金額が大きく異なります。よって売るiPhoneの状態によってもこの金額は変わるかと思います。また、各金額は~(から)と書いてありますので、それぞれ記載の金額より多い額になる可能性もあるのでしょう。また、iPhoneの買い取り金額は、状態以外にもストレージなどスペックについても異なります。

これらの金額は、あくまでも一例で、状態やスペックまた、その時強化買い取りをしている商品によっても異なると思ってよいでしょう。これら以外のiPhoneの買い取りを希望する場合もこれらのiPhoneの値段を元に買い取り金額を予想してから買い取りを申し込んでみてはいかがでしょうか。

i-Marketは失敗?悪評はある?

i-Marketが失敗であるかどうか、悪評はないかということについて調べてみました。こちらについても、口コミと同じくありませんでした。

まだ新しい業者だからというのも一因かもしれませんが、悪評がないというのは安心できるポイントではないでしょうか。

i-Market のサービス「フォトキャッシュ」とは?

i-Market のサービスは、「フォトキャッシュ」と呼ばれるものです。このフォトキャッシュがどのようなサービスなのかについても調べてみました。

フォトキャッシュとは、店頭に出向くことなく、写真で商品を査定してその場で買い取ってもらえるサービスのことです。つまりは、i-Marketのメインサービスのことですね。

i-Marketのメリット

i-Marketのメリットについても調べてみました。i-Marketのメリットとして以下の3点が挙げられます。

・とにかく買い取りが早く簡単である
・初めての利用であっても親切・丁寧に買い取ってくれる
・画面割れなどでも高価買い取り

この3つのメリットについて解説します。

とにかく買い取りが早く簡単である

何度か記事内でもお話していますが、i-Marketの一番のメリットは、とにかく買い取りが早く・かつ簡単であるということでしょう。その場で買い取りを行ってくれるサービスは他にもありますが、最低限店舗などに出向く必要があります。在宅での買い取りの場合は商品を送付した後になるというパターンがほとんどです。しかし、i-Marketのフォトキャッシュでは、自宅に居ながら最短15分で買い取りを行ってくれ、その場での現金化が可能です。

売る人がする作業としても、売りたいiPhoneの写真を送ることと、後日写真のiPhoneを送るだけと非常に簡単です。

この速さと簡単さがi-Marketの最大のメリットであると言えます。

初めての利用であっても親切・丁寧に買い取ってくれる

i-Marketでは、研修を受けたスタッフが買い取りまで親切・丁寧に案内をしてくれます。実際にスタッフとは会わずに終わるサービスだからこそ、不安は多いもの。こういった丁寧さは非常に安心してサービスを受けられる一員と言えるのではないでしょうか。

画面割れなどでも高価買い取り

通常、iPhoneの買い取りをしてもらう場合は、画面割れなどの要因があると大きく査定額が下がってしまいます。しかし、i-Marketでは、ホームページで画面割れなどがあっても特有のジャンク相場で高価買い取りをしてくれると明記されています。

ジャンク扱いとなってしまうようなiPhoneでは、通常は非常に安価に買い取られてしまうことが多いため、この点もi-Marketの大きな魅力と言えます。

i-Marketの運営会社はどこ?

i-Marketの運営会社についても調べてみました。公式サイトには、以下のような情報がかかれていました。

会社名:株式会社LST
代表者名:佐藤和成
本社所在地:東京都杉並区和田3-56-12
資本金;7,000,000円

このように、会社名だけでなく、代表者の氏名や本社所在地、資本金などが明記してあるというのは、安心できますね。省きましたが、このほかにも03で始まる固定電話の番号なども書かれていました。

i-Marketを使ってみよう!

この記事では、i-Marketについて徹底的に調べ、その結果をお伝えしました。

i-Marketは、家に居ながらにして、短時間でiPhoneを買い取りしてくれるサービスです。特徴としては、やはり、簡単かつ楽であるという点です。売りであるフォトキャッシュ以外にも、郵送買い取りや店頭買い取りもあるので、こちらでも買い取りを依頼することが可能です。

できるだけ楽に早くiPhoneの買い取りをして欲しいという方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

iPhone買取サイト「i-Market」はこちら