給料ファクタリングに変わる話題の新サービス「リプレイスファクター(立て替え経費ファクタリング)」

リプレイスファクター公式サイトはこちら

最近、新しい資金調達方法(現金化方法)が登場したようです。

立て替え経費ファクタリングと言うものです。その立て替え経費ファクタリングの有名どころの「リプレイスファクター」について徹底解説したいと思います。

まず、昨年の年末頃から急激に需要と供給が増大した、「給料ファクタリング(個人ファクタリング)」というものがあります。

皆さんはご存知ですか?

給料ファクタリングについては下記の外部サイトをご参照ください。

→ 完全攻略!給料ファクタリングの使い方・選び方!

給料ファクタリングの利用者は多く、給料ファクタリングに助けられた利用者も少なくありません。給料ファクタリングはまだまだ、需要があるのです。

しかし、この給料ファクタリングは正式に法的に違法ではないのですが、様々な観点から、警察に目をつけられ、多くの給料ファクタリング業者が廃業しました。

そのため、給料ファクタリングに変わる新サービスが登場しました!

「リプレイスファクター」は給料ファクタリングに変わるサービスとお考えください。今後、多くの給料ファクタリングの会社がこの立て替え経費ファクタリングの業界に参入してくる事が予想されます。

リプレイスファクターとは?

リプレイスファクターは要は貸金業みたいなものです。ただ、貸金業をするには、貸金業の免許を取らないといけないです。そして、金利も法定金利の15%程度を守らないといけないです。なので、正確にはもちろん、貸金業ではありません。
リプレイスファクターは方の抜け道をくぐったサービスです。
ですので、違法はありません。弁護士の先生のお墨付きもあるようです。

もちろん、詐欺でも、闇金でも悪徳業者でもありません。もし、違法、詐欺、悪徳、闇金であれば、弁護士事務所は顧問契約なんてしません。ご安心ください。

将来受け取れる、立て替え経費精算権利をファクタリングするという名目で高金利でお金を貸しています。正確には貸しているのではなく、債権を買い取っています。

リプレイスファクターを利用するために必要なもの

ご利用に必要な書類は以下の通りです。

  1. 顔写真付きの身分証明書(運転免許証等)
  2. 健康保険証(お勤め先から発行された社会保険証)
  3. IDセルフィー(顔と一緒に身分証明書を移した写メ)
  4. 直近2ヶ月分の給料明細
  5. 直近2ヶ月分の給与の振込が確認できる通帳の写し(オンラインバンキングの写メ可)
  6. 領収書または経費精算書

1,2,3は身分の証明です。
当然必要ですね。

4,5は返済能力の確認です。お勤めであることの証明です。
万が一の場合でも、返済能力があるかを確認しているのでしょう。こちらも当然必要ですね。

注目したいのは、6です。当たり前ですが、立て替え経費のファクタリングサービスなので、審査時に経費の内容を申告する必要があります。領収書または経費精算書を提出する必要があります。
ただし!「領収書または経費精算書」とあるように、「領収書」は必要ありません。「経費精算書」があればOKです。そして、「経費精算書」はお勤めの会社の印鑑等、会社のお墨付きは不要です。つまり、「経費精算書」の内容は自己申告です。自分で勝手に作成することができます。会社の証明を出す必要はありませんし、証明を求められることもありません。

要するに、本来、立て替え経費をファクタリングして、現金50,000円を手にするためには、50,000円の経費の証明(領収書等)が必要です。

でも、なかなか、立て替え経費50,000円分なんてありませんよね?
立て替え経費の証明をする必要がないと言う事は、立て替え経費が実際には0円でも、50,000円として申込みすることが可能です。
そうすれば、立て替え経費がなくても、必要な時にお金を借りる事ができます。

しかし、誰でも無限に借りられるわけではありません。一番大切なのは、弁済することができるか?と言う事です。

それを証明する必要があります。その証明は、前述した通り、ちゃんと普通に働いている事です。毎月定期的に勤め先から給料が振り込まれているか?をチェックされます。
具体的には給料が振り込まれている銀行通帳のコピーが3ヶ月分必要です。
これがないとお金は借りれません。
でも、当たり前ですよね。弁済能力のない人には誰もお金を貸してくれません。

リプレイスファクターを利用すれば、即日現金調達出来る?

公式サイトでは、経費精算額100,000円の場合、手数料が20,000円で8万円の現金化が出来るという例があります。パーセンテージで表すと、20%と書いてありますね。

ただ、これは例なので、実際はどうなのでしょうか?
ホームページに記載はありませんでしたが、独自に調査しました。するとプランは2つのようです。

■35,000円コース
こちらは経費精算額が35,000円です。その経費精算債権を17,000円で買い取ってくれます。手数料は、約48%ですね。
決して安くはないですね。

■50,000円コース
こちらは経費精算額が50,000円です。その経費精算債権を30,000円で買い取ってくれます。手数料は、約40%ですね。
金額の大きいコースの方が手数料は低くなるようです。

お電話で話した際に聞いたのですが、この上のコースもあるようです。但し、審査が少し厳しいようです。毎月の給料が比較的高い方や、2度目、3度目の利用で信用がつくと多くの立て替え経費ファクタリングの利用額があがるようです。

即日現金お振込ってホント?

5分で審査完了、15分でお振込って本当?・・・
はい。はっきり言って大げさです。
私が利用した時は、実際には1時間くらい掛かりました。
まぁ、営業トークと言ったニュアンスを考えれば、許容範囲ですね。(苦笑)

リプレイスファクター現金化までの流れ徹底解説

公式サイトのお申込みフォームに入力する
リプレイスファクター公式サイト

フォームの内容はこんな感じです。お勤めであれば、誰でもすぐに入力できますね。^^
ただ、逆に、お勤めでないと無理ですね。

全て入力した申込みボタンを押すと、メールが届きます。
メールの内容に従って、LINEでリプレイスファクターのLINEアカウントをお友達登録します。

LINEで必要書類の提出する
LINEを登録すると、必要書類の提出の依頼が来ますので、必要書類を提出してください。

審査してもらう
必要書類を提出すると、続いて、もう一度、本人確認のため?個人情報を聞かれます。
LINEで答えてください。
合わせて、他社の借入の状況と経費の内容を聞かれます。

「ホームページに在籍確認はありません。」とありますが、「在籍確認はどの様に取ればよいでしょうか?」と聞かれます。
この件について、問い合わせたところ、基本的に在籍確認を取ることはしないが、LINE等のやり取りで、お客様が虚偽の申告をしていたり、騙そうとしていると感じた場合、在籍確認をすることがあるようです。
在籍確認を絶対されたくない方は、この時に、LINEでその旨伝えてください。要望は聞いてくれると思います。ちなみに、もし、在籍確認をしたとしても、リプレイスファクターの名前は出しませんので、安心してください。

最後に、条件について確認があります。
問題なければ、「承諾」しましょう。

契約手続き
次に契約です。
契約はGMO社が運営している電子契約となります。メールでオンライン契約書が届くので、指示通り、オンライン署名を完了してください。

以下のメールが届きます。

下記のような画面が表示されます。
赤枠の部分に必要事項を入力しましょう。

※英数字のご入力は「全て半角文字」でご入力下さい。
※お振込先の支店名・ご口座番号等の誤入力が多発しておりますのでご注意下さい。

次に重要なのはここ!
経費の申告をします。下記のように記載しましょう。
正直、適当でいいです。金額もだいたいでいいです。
下記は、「携帯代」で「ドコモ」へ支払い、金額は20,000円です。
全部で5万円にしたいので、2行目は「交通費」で支払い先は「JR」、金額は30,000円です。
これでOKです。

身元保証人の欄があります。
約束通り、ちゃんとお金を弁済すれば、ここに記載した両親等へ、連絡が行くことは絶対にありません。嘘をつかず、正直に記載しましょう。

そして、最後に一番下にあるボタン「署名」をクリックしてください。

ハンコを選んで「署名」をクリックしてください。

お振込
後は着金を待つだけです。
私の場合は審査完了から30分後くらいに振り込まれました。

弁済
契約書の通り、約束通り弁済しましょう。
返済日の前日等にLINEで連絡してくれるようです。

以上です。

どんな会社がやっているの?

次に各種情報で検索してみました。結果、特に悪い噂やいい噂も見つかりませんでした。

会社名で検索しても何もヒットしません。新設法人でしょうか?
会社のホームページも見当たりません。リプレイスファクターが最初のサービスだと思います。

住所で検索してみました。特に関連性のある検索結果はありませんでした。
以下はgoogleMAPの画像です。画像の一角が所在地のようです。どのビルかは特定できませんでした。

電話番号でも検索してみました。特に関連性のある検索結果はありませんでした。

最後に

リプレイスファクターは高金利(高手数料)の金貸しみたいなものです。
但し、違法性はありません。
お金が必要な時は、まずは、民間の金融機関、そして、アコム、アイフルのような消費者金融からお金を借りましょう。
どこからも借りれない状況で、更に、どうしてもお金が必要な時で、かつ、必ず返せる時に利用しましょう。

私がごちゃごちゃ説明しても又聞きで信用できない可能性もあるので、わからないことや、疑問点、懸念点が少しでもあれば、公式サイトにあるカスタマーサポートまで電話してみましょう。丁寧に説明してくれるはずです。

お申込みはこちら
リプレイスファクター公式サイト

お問合せ先
03-5308-2655